Blog

フューチャーセンターvol.04が開催されました。

2014年6月26日 at 15:49

昨日、毎月開催しているフューチャーセンターに参加してきました。この集まりは一次産業の今後の在り方などをざっくばらんにお話しているのですが、だいぶ慣れて来て積極的な意見交換が行われ、だいぶ充実してきました。最近はやはり6次産業化の話も色々出るのですが、今の世の中に一番必要な物は何かという事も色々な話からだいぶ掴めて来ました。
 
話がそれるかも知れませんが、僕が今の世の中にとって必要と思っている事が一つだけあります。それは自分の行動に「責任」が取れる人づくり。どういう事かというと色々と便利になりすぎる事で、自分で考える必要がどんどん無くなっている事に対する怖さが僕にはあって、本来自分で考えるべきことまで人に委ねていることはないかと常に感じています。
 
前に知らない人がFacebookにあげるために料理の写真を撮影して「これは50イイネ固いな」と言っていたのを見た事があって、本当にびっくりしました。人がイイネ!って言ったものが自分の価値観になっているというか、本来は自分がいいと思ったらそれでいいはずだけど。現代を象徴する出来事だと感じました。
 
怖い例えだけど、あたかも「みんなが戦争しよう!」って言っているかの様に誘導されて、国民選挙なりで決まってから「さあ、あなた達が戦地に行ってくださいね」って言われて、その時に拒否したいと思ってももう遅いわけで。
大体そういう隠したいものや、うやむやで進めたいものは、そうしたタイムラグを狙ったり、宗教や国籍の違いとかを持ち上げて炎上させて仕組まれるもので、僕たちは歴史から色々学ばないといけないし、常に自分できちんとした考えを持ってさえすれば、その都度ジャッジにぶれが出てくる事も無いわけで、まずは自分が本当にどう思っているのかを考えられる人たちが増えるといいなと思っています。
 
僕は自分が生まれた日よりも、みんなとお別れする日の方が素敵な世の中になっていて欲しいなと願っています。そうなるにはどうしたら良いのかを考えて生きて行きたいなと思っています。これから生まれてくる人たちが、僕たちよりも幸せに暮らせる世の中になることを願っています。
 
色々な人とお話して、本当に一生懸命考えて、やっと最近まとまってきた想いです。
日本は恵まれているからそんなことが言えるとか、日々食べるのにも困っている人もいるのにとか、そういう事を想う人もいるでしょう。でも、僕はこの時代に日本に生まれて、この立場だから出来る事を精一杯考え抜いてそう願っています。世界の人の気持ちを少しでも理解したいと思って、たくさん色々な物を読んでいるし、ひょっとしたらそういう場所に足を運ぶかも知れないし、僕が出来る事は限られているかも知れないけど、やらないよりはやった方がいいものがたくさんあると思うので、これからもそういったものに時間やお金をつかっていきたいなと思います。
 
だいぶ話しがずれましたが、フューチャーセンターはそういう前向きな事を考えるとても良い機会です。参加したい人がいたら是非教えて下さい。一緒にこれからの事をお話できたらうれしいです。
 
_MG_7942-2