Blog

ブログ用のカメラ機材について、必要スペックの考察

2016年3月17日 at 09:30

IMG_1899
昨日、room3の古田さんと打ち合わせをかねて大須で食事をしていました。
これからの社会についての話や、趣味の時計や自転車の話、そしてカメラの話など色々と楽しくしていたのですが、その時に出たカメラのスペックの話をずっと帰り道にも考えていました。
 
僕らがこうしてコンテンツを作成する際に必ず必要となるカメラについて、本当に必要な機材やスペックってどんなものかなと。プロではないけど社内のブログを作らないといけない方や、自分でメディアを運営している方はどんな機材を使って撮影をしているのか。
 
撮影の仕事で現場へ行くと、canonやnikonのカメラが当たり前で、そこにフェーズワンやデジタル中盤が入ってくる。それ以外は何となく駄目っぽい雰囲気があって、でもよく考えてみると機材にも適材適所がきっとあって、それで思った表現が出来れば良いのかなと思っています。
 
IMG_1905
さて、この写真。iphone6で撮りました。
普段はブログ用でeos Kiss X4にEF-35mmのオールドレンズを付けて持ち歩いているのですが、たまたま他の仕事から大須へ直行したのでカメラを持っていませんでした。そういうえばiphone6のカメラはほとんど資料撮りにしか使っていないなと思って、ちょっと撮影してみようと思って使ってみました。
 
実際に使ってみると、web媒体に使うには十分機能を満たしているのかなと思いました。
というよりも暗い場所でこんなに撮れるのかと今更ながら驚きました。そうして考えてみると、極端ですがiphoneがメインで仕事をする時代がひょっとしたら来るのかなと思いました。実際に海外のメディア関係では録音も録画も撮影もiphoneで行いニュースとして配信しているという話も聞いた事があります。
 
僕もこれからは少しこのスマートフォンカメラをもう少し理解していきたいなと思いました。あと撮影機材も大切ですが綺麗な写真を媒体に上げている人たちはだいたい後処理を行っているので、本当はカメラもそうですが現像ソフトを使うのがベストかなと感じています。
 
僕はPhotoshop Lightroomを使っていつも写真の編集を行っています。ちなみにこのブログの写真は以下の処理を行っています。
 
・iphone6で撮影
・Lightroomで後処理(2×3にトリミング、現像プロファイルで色味を調整)
・Lightroomで書き出し(使うサイズで書き出して、書き出す際にシャープネス処理)
 
現像プロファイルの設定等は細かいのでここには載せられませんが、オリジナルのワークフローを持っています。結局画素数をどんどん上げていっても使うサイズはせいぜい横幅1000pxくらいです。カメラも大切ですが、現像などの後工程も気にしてみるといいのかなと感じています。
 
コンテンツ運用を考えた時に、わざわざいいカメラを買うよりもまずは始める事が大切だと思うと、スマートフォンのカメラも機材の一つとして見てみるのも一つの手。ズームなども効果的に使って意図する写真を撮ることを考えていいコンテンツを作って行けるといいなと思います。