Blog

4th Slow Fiber Studioに参加しました。

2013年6月7日 at 14:22

2013年5月11日〜14日の4日間連続で、4th Slow Fiber Studioでフードケータリングをしました。
Slow Fiber Studioは、参加者は海外8カ国から、様々な方が来日されて、日本の伝統文化である「有松鳴海絞り」を学びにくる、とても有意義なイベントです。

 

最初はランチボックスで提供する話で依頼をうけましたが、愛知県には常滑焼きや瀬戸焼きなど、素晴らしい焼き物もあるので、是非これも紹介してみたいと思い、器コーディネーターの日笠真理さんとコラボレーションして、一つのサービスを提供しました。

一日目は常滑焼きを提供していただいた伊藤さんにも来てもらい、僕たちはその常滑焼きの上に料理を作り上げていきました。とても素晴らしいデザインの器に、料理もすごく映える!マットな黒のお皿に盛りつけしたタタキも美味しそう!

二日目は瀬戸焼きの加藤さんに来て頂いて、一日目同様に器の説明をしてもらいました。加藤さんは英語も堪能なので、すごくコミュニケーションを上手にとっていました。これからは伝統工芸も英語でコミュニケーションが必要なんだと思いました。

正直、この企画を提案する時に「よけいな事をしないで!」って怒られるかも知れないなと思っていました。でも折角だし、きっといい方向に進むと信じてぶつけてみたら、結局とても喜んでもらえて、参加者のみなさんにとても感謝の言葉をいただいて、本当に嬉しかったです。

001

常滑焼きの器に盛りつけした和牛のタタキ。黒と赤のコントラストがとても綺麗です。

 

 

002

日本の薬味を盛りだくさんに、冷や麦を食べてもらいました。

 

 

003

お客さんは食べた事のない食事にも興味津々でした。

 

004

これはベジタブルちらし寿司。瀬戸焼きの器によくあっていました。
ミント等を薬味に使ったり、少し変わったアレンジを加えました。

 

005

色々な国から沢山の方がお見えになっていました。
皆さんとても上手にお箸を使うことが出来て、そこはとてもびっくりしました。

 

006

3、4日目はランチボックスで料理を提供。

 

007

三杯酢を使った、イチゴとブロッコリーのマリネ。サッパリとした美味しさです。

 

008

ランチボックスと一緒に赤出しの味噌汁や粕汁を提供しました。
慣れていない人からすると、ちょっと辛かったかも知れません。

 

009

ランチタイム以外はとても真剣に絞りの作業をしています。
みなさん器用に括っていきます。

 

010

布を糸で括ったもの。染色前の状態。
糸で縛っている部分に色がつかない原理を利用して、デザインを作っていくプロセスは
とても繊細で、大変な作業です。

 

011

染め上がった絞り、青が綺麗!

 

012

ランチのお礼に素敵なお言葉や、たくさんのプレゼントを貰いました。
とても感動して、やって良かったと思いました。

 

013