高杉アトリエの制作環境のご紹介

2013年8月10日 at 10:26

高杉アトリエはSOHOの形式をとっています。
今日はその事務所の内部をご紹介します。

まずはミーティングスペース。大型の円テーブルを配置、椅子はイームズのサイドシェルチェアーを設置して打ち合わせをしやすい環境を心がけています。また、クライアント様に事務所で待っていただくこともあるので、ウォーターサーバーや様々なジャンルの雑誌もご用意。BGMもJazzやFusion系の音楽をかけています。少しでも快適にお待ち頂けるように心がけています。

20130114-_MG_6483

次の制作ルームのご紹介です。

20130114-_MG_6487

・macPro 1台
・macbookAir 1台
・windows 1台
・Postscript対応DTP用レーザープリンタ(Oki MICROLINE 9800PS-E)
・フィルムスキャン対応のハイエンドフラッドヘッドスキャナ(EPSON GT-X970)
・各種タブレット(iPad・iPad-mini・kindle-Fire)
・撮影機材

高杉アトリエでは、移動時間の削減や、台風や大雨などでおこる交通障害などで事務所に行けないなどのリスクを回避。また固定費を圧縮することでコストメリットをご提供したいと思っています。
SOHOというと、どうしても簡便的な形態をとっていると思われがちですが、ハード面のインフラを充実させることで、様々なプロジェクトにも対応できる環境を整えました。詳しくは会社概要のページ(こちら)に記載してありますので、ぜひご覧下さい。

このように、いろいろな意味で非常に小さい会社ではありますが、一生懸命制作に取り組んでおりますので、ぜひこれからも高杉アトリエを宜しくお願い致します!